月別アーカイブ: 2020年7月

Twitterのエロ垢

Twitterのエロ垢で知り合った男性、すごく積極的に誘って来て、エッチしたい気満々で、こっちが引くレベルだったんだ。
私も嫌いな方じゃないし、情熱的なセックスに憧れもあるし・・・この人とだったら、熱い夜を過ごせそう・・・って私も積極的に誘われるがままにしてたの。
そういう状況だったから、相手はまだ若い人なのかなって思ってたけど、実際は30後半で。私より年上だった・・・。
「会いたい、抱きたい。体中キスしたい」みたいな感じでストレートだったから、てっきり、20代前半で私より年下だと思いこんでたからびっくり。
性欲って落ち着かない男性もいるんだな~って(笑)
それで、会ってすぐにホテルに入って、もうむしゃぶりつかれちゃって。
あ~これこれ!こういう激しさが欲しかったの~って私も堪能したんだけど、いざという時に、ゴムを出す気配がない。
さすがに、いくらTwitterのエロ垢だとしても、いや、だからこそ避妊はちゃんとして欲しいじゃん。
セフレ探し
だから「ゴムはつけて」って頼んだのね。
そしたら、彼「あ、俺は必要ないよ。パイプカットしてあるから」って。
私、なんか誤解してたのかな。パイプカットしちゃうと、男性って性欲無くなるのかなって思ってたけど・・・?
「実は結婚して子ども3人いるんだよね~。奥さんがこれ以上子ども出来ると困るって言うから」って。
3人・・・今時凄いね。まぁ、もっと子ども作る人はいるけどさ。
「経済的にも無理があるし・・・だけど、それ以降、なんか奥さんに対して性欲沸かなくなっちゃってさ・・・・」って寂しそうに言ってた。
Twitterのエロ垢って色んな事情があるよね。
チャットエッチアプリ
エロチャットアプリ

お金恵んでくれる人

離婚するときに、前の旦那が「お金恵んでくれる人」って顔してたな~。
財産分与するだけなのに、「俺が稼いだ金」って顔してた。
妻として当然の権利なのに、元旦那は「お金恵んでくれる人」って顔して、私を軽蔑したような目で見てた。
専業主婦でお金稼いでなかったくせにって顔してた。
専業主婦の仕事が仕事として認められてないってことくらい分かってるよ。
だけど、専業主婦になるしかなかったじゃない?
私が外で仕事して、家事も請け負ってた時、やれおかずが少ないとか、水回りが汚いとか、洗濯がしてないとか、文句いって、私を専業主婦に追い込んだのは誰?
それで離婚するときに「お金恵んでくれる人」みたいな顔して軽蔑して。
どれだけ女の人権を踏みにじれば気が済むんだろう。
最近、風の噂で元旦那が再婚したって聞いたけど、第二の犠牲者が出ただけだよ。
お金恵んでくれる人って態度で、女を家に閉じ込めて、自由を奪って、それで「金も稼げないダメな女」って軽蔑して・・・
お金助けて掲示板
どんどん自己評価も下がるし、社会復帰も無理な状況に追い込んで身動き取れなくして、女を社会的に抹殺する。
そういうモラハラ男、何度結婚したって結果は同じだよ。
お金恵んでれる人、なんて必要ない。自分で稼がせてくれればいいだけの話でしょ?
「自立した女が好きなんだ」って言いながら、女にすべてを押し付けて、自分は好き勝手にする。
家庭の仕事、全部女の役目って、ムチャだよね。
私ができないからって、恥じることはないって今ならそう言えるけど、当時はなかなかそこまで言い切れなかったかな・・・。
リモートパパ活
コロナ失業者を無償支援